海外旅行

フィリピン・セブ島タクシー安全な乗り方と注意すべきこと5つ


フィリピン・セブ島で
一番観光客に使用されているのがタクシーです。
なんと言っても、その値段が。。。安い!!
しかし東南アジアにおいて日本人が一番ぼったくりのターゲットになりやすいです。

ここでは初めてのフィリピン・セブ旅行や留学生の人でも詐欺に合わないように、フィリピンのタクシーの種類・料金相場・乗り方・支払い方法についてご紹介します。

1.タクシーの乗車する前に注意すべきこと



まずタクシーの乗車する前に気をつけるべき点は、タクシーの色が白色かどうかです。

フィリピン・セブ島のタクシーには白色のタクシーと黄色のタクシーがあります。どう違うのかを簡単に説明すると白色のタクシーは格安なのに対し、黄色のタクシーは割高です。

私的には白いタクシーで充分なサービスを受けられると思います。(この後に説明する注意事項を守ればです大丈夫です)

 

2.白いタクシーの料金制度

(黄色のタクシーの料金と乗り方や支払い方法は、日本と全く同じなのでここでは説明は省かさせていただきます。)
フィリピン・セブ島の白タクシーの初乗り料金は40ペソ(日本円で80円)です!!!

フィリピン・マニラでは、メーターを使ってくれないタクシーがまだまだ存在しますが、セブ島のタクシーは基本的にメーターを使ってくれます。

しかし、フィリピン・セブ島にもまれに料金メーターがないタクシーもあるのでタクシーに乗る前に一度、料金メーターがあるか確認してください。日本人は警戒心がなく、その場の雰囲気に流されやすいと現地のドライバーは知っているので、ぼったくりのターゲットにされやすいです。

 

そしてもう一つ注意しなければいけないことがあります。それは料金メーターをわざと見えにくい位置や、昼間だと太陽の光でほとんど見ないような位置に設置してるタクシーがいるので、もしもそのようなタクシーに乗ってしまったなら、すぐに降ろしてもらうか、何度か現在を料金をドライバーに聞いて確認するようにしましょう。

 

3.タクシーの支払い方法

フィリピン・セブのタクシーでは基本的に現金払い(キャッシュ)になります。クレジットやデビットカードでは、ほとんど払えないと思っていいと思います。

現地のドライバーはお釣り用の小銭を持っていないことが多いため、1000ペソ紙幣は使いにくいです。
なので100・50・20・10・5ペソを持っておくと良いでしょう。

また、フィリピン・セブ島のタクシーはチップを求めてくることはないです。

 

4.フィリピン・セブ島観光地までの料金相場と時間

フィリピン・セブ島に行く方は必ず利用するセブ・マクタン空港~セブの観光地中心までで大体、200~400ペソ(日本円で400円~800円)で行けます。

混んでいない時間であれば、空港~観光地までタクシーで30分程度で着きます。
しかし、空港のあるマクタン島とセブ島を結ぶ橋が2本しかなく昼間はかなり渋滞してしまい、セブ島観光地まで1時間~2時間かかることはよくある話なので、時間には余裕を持って移動してください。

セブ・マクタン空港から主な観光地までの料金相場を下に載せて置くので大体のイメージとして頭に入れておくと良いでしょう。

~ITパーク     300-400ペソ(600~800円)
~アヤラモール   300-400ペソ(600~800円)
~SMセブシティ    350-450ペソ(700~900円)
~マンゴーエリア  400-500ペソ(800~1000円)
~SMシーサイド    500-600ペソ(1000~1200円)

5.まとめ

フィリピン・セブ島でのタクシーに乗る際の知識や注意すべき点はマスターできたと思います。最後にまとめるとこうなります。

・白と黄色のタクシーがある。(白タクシーの方が安い)

初乗りは40ペソ。

・タクシーに料金メーターがついているか確認する。

・細かい紙幣や小銭を持っておく(タクシーだけでなく、セブ島ではどこでも必要です)

・交通手段が車に限られているのでよく渋滞を起こすので時間に余裕を持って行動する。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
seiya
大学2回生のブロガーのseiyaです。2018/4/1にブログ開設! 📑海外旅行・ガジェット分野が好きです。 📑皆さんに僕が知っている情報を分かりやすくお伝えできるようがんばります。