カメラ

旅行先におすすめアクションカメラとは?軽くてコンパクトさを追求したカメラ

旅行に行く人なら必ずと言っていいほど、写真や動画を撮りますよね。

そんな時に一眼レフを持っていくってなると「値段」「重い」 「大きい」 「撮る時に恥ずかしい」など色々、気が進まない原因があるはずです。

そこでこの記事では、

  • 予算10万以下
  • コンパクトで軽い
  • 高画質で広角レンズ付き
  • 旅行先でも持ち運びやすい

この4点を押さえたカメラだけをご紹介していきます。

旅行先のカメラを選ぶ際のポイント

旅行とカメラは常に2つで1組です。なのでカメラで旅行が決まると言っても過言ではありません。

アクションカメラの選び方

数年前は「Gopro」一択の時代でしたが、今はそんなことありません。

今は中華製の安いアクションカメラが流行しており、結局どっちを購入すればいいの迷う人もたくさんいると思います。

まずは、アクションカメラを購入する上で注目すべき性能を確認しましょう。

購入時の注目ポイント

1.画質の良さ

  • 手ブレ補正付き
  • 解像度は700万画素以上
  • 広角レンズは170度以上
  • 動画がフルHD/60fps以上

2.使いやすさ

  • アクセサリーが多い
  • 防水・防塵に対応
  • 64GBメモリーカード付き
  • WiFi機能付き

 

【早見表】旅行向けアクションカメラおすすめ比較&辛口レビュー

結論は次のとおり。

おすすめランキング
  • 1位:APEMAN アクションカメラ a80
  • 2位:Victure アクションカメラ AC200
  • 3位:Gopro HERO6 Black
  • 4位:Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A1H
  • 5位:YI Technology 4K アクションカメラ 90049

比較するアクションカメラは価格、カメラのコンパクトさ、画質・性能を考慮して比較的有名な商品を選んでいます。

1位:APEMAN アクションカメラ a80

価格(税込):10,555円

アクションカメラの中でもコストパフォーマンスの高い商品です。価格が安いながらも機能面・アクセサリーが充実しています。

高性能なCMOSセンサーを搭載したアクションカメラです。1200万画素のウルトラHD4K画質に対応し、4K/30fpsの映像も撮ることが出来ます。

また、170度広角レンズによって、より幅広い画角が得られますので屋外の撮影に最適です。

APEMAN a80は豊富なアクセサリーが付属しており、バイク・車・自転車・潜水など様々なスポーツに適応し、運動中にも撮影することが可能です。防水性能は驚異の水深30mです。

誰にオススメか?

  • コストパフォーマンスを求める人。
  • 初めてアクションカメラを持つ人。

メリット5つ

  • 価格が安い。
  • 付属アクセサリーが豊富でさまざまなスポーツに適応可能。
  • 大容量バッテリーが2個付属で、約240分まで記録可能。
  • Wi-Fi機能でスマホに簡単送信。
  • 日本語マニュアルがしっかりとしている

デメリット2つ

  • 性能は高いとは言いがたい。
  • Goproなどと比べ、手ブレ補正は弱い。

APEMAN a80を購入する(楽天サイト)


APEMAN アクションカメラ 4K WIFI搭載 2000万画素 UHD 2インチLCD 画角調整可170度広角 30m防水 手ブレ補正 HDMI出力 スポーツカメラ バイク/自転車/車に取り付け可能 アクセサリー多数 専用ケース 1050mAhバッテリー×2 ウェアラブル アクションカム (ブラック)

2位:Victure アクションカメラ AC200

価格(税込):5,950円

いわゆる中華アクションカメラです。画質はフルHDの1080Pに対応し、170度の広角レンズを搭載しているため、広範囲の撮影をしたい人にもおすすめです。

また、低価格ながら付属品の多さは圧倒的に多く、計25個のアクセサリーが付いており、これらを組み合わせることで、バイク・自転車・スキー・サーフィンなど、さまざまなアウトドアシーンに対応しています。

最近では、本製品を車のドライブレコーダーとして取り付ける方も増えています。シガーソケットから給電するだけで、自動的に録画が開始されます。さらに、被写体が動いたときに録画を開始する「動体検知機能」を備えているので、防犯グッズとしてもおすすめです。

誰にオススメか?

  • 学生など、とにかく価格を抑えたい人。
  • 最小限の機能&スペック面で良いという人。

メリット4つ

  • 価格が圧倒的に安い。
  • 付属アクセサリーが豊富で25個もあり、ほとんどのスポーツに対応可能。
  • 最低限、そこそこの撮影をしたい人にぴったりの性能。
  • ドラレコ機能がある。

デメリット2つ

  • 動画撮影時の手ブレ・fpsがいまいち。
  • スマホよりも画質が低い場合がある。


Victure AC200を購入する(楽天サイトへ)


Victure アクションカメラ 1200万画素 1080P フルHD 170度広角 1050mAh電池 30M防水 複数部品 ドラレコ機能

3位:Gopro HERO6 Black

価格(税込):47,200円

業界で1番有名な4Kビデオ対応の本格アクションカメラです。

2インチのタッチディスプレイを搭載しており、画像のプレビュー、トリミング、設定の変更など、さまざまな操作を直感的に行うことが出来ます。

本製品の手ぶれ補正はかなり高性能で、光学式手ぶれ補正機能が搭載されており、ゆったりと滑らかで臨場感のある映像を撮ることができます。

アクセサリーを付けなくても本体のままで10mまで防水できるので、水中撮影での撮影も可能です。(10m以上の場合はアクセサリーを付けましょう。)

また、シャッターを押すだけで電源がONになり、撮影が開始するのもポイントです。

音声コマンドで録画の操作が出来たりと、手を使わずしてさまざまな操作ができます。

ここだけではGoproの紹介が全てできないので、更に詳しく知りたい方はこちらへ

誰にオススメか?

  • 本格的にアクションカメラの撮影をしたい人。
  • 金銭面に余裕があり、一番王道で失敗のないカメラを選びたい人。

メリット5つ

  • 高性能&高画質で最新の技術を使っている。
  • 手ブレ補正機能がかなり良い。
  • 音声コマンドで操作できる。
  • サードパーティーのアクセサリーが豊富に揃っている。
  • 専用アプリで簡単編集ができる。

デメリット3つ

  • 価格が少しお高い。
  • 付属アクセサリーがほとんどない。
  • 純正アクセサリーはかなり高額。(サードパーティーでカバーできます)

【国内正規品】GoPro HERO6 Blackを購入する(楽天サイトへ)


国内正規品 GoPro ゴープロ HERO6 BLACK CHDHX-601-FW

4位:パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A1H

価格(税込):26,870円

安心の国内メーカーで重さわずか45gの超軽量アクションカメラです。サイズも全長83mm,直径26mmと小型のため、装着時に一切気になりません。

最大の特徴は、肉眼では見えないほど暗い場所でも撮影できる「0ルクスナイトモード」で、同梱品のナイトモード用ガラスカバー、市販品の赤外線ライト、別売りのツインマウントを使えば、ナイトビジョンモードとして使えます。

また、水深1.5mの環境でも連続30分の撮影が可能です。例えば、プールや海水浴などの撮影には最適です。

誰にオススメか?

  • 暗い場所での撮影をする予定のある人。
  • プール・海水浴で撮影する人。
  • とにかく軽量&コンパクトさを求める人。

メリット3つ

  • 超軽量&コンパクト設計。
  • 暗い場所でも綺麗に撮影できる「0ルクスナイトモード」。
  • 安心の国内メーカー。

デメリット 2つ

  • アクセサリー種類が少なく、対応できるスポーツは少ない。
  • バッテリー持ちが悪い。

Panasonic HX-A1Hを購入する(楽天サイトへ)


Panasonic ウェアラブルカメラ オレンジ HX-A1H-D

5位:YI Technology 4K アクションカメラ 90049

価格(税込):17,800円

ソニーのイメージセンサーを搭載した高性能アクションカメラです。解像度は4K/1080P/720Pに対応。タイムラプスやスローモーション撮影など、さまざまな撮影モードを搭載しているため、演出にこだわりたい人にぴったりです。

また、小さなボディに電子式手ブレ補正機能を搭載しているため、カメラが動いたり、揺れたりすると映像を自動的に修正してくれます。動きの激しいスポーツやアクティビティを撮影したいときに便利です。

バッテリー容量が大きく、4K撮影で連続120分間の撮影が可能です。そして、同梱品の防水ケースをつけると最大40mまで防水できます。

専用アプリ「YIカメラアプリ」を使用すれば、パソコンを使わずに、ビデオの確認・編集・共有が簡単にできます。プロはもちろん、パソコン操作が苦手な方におすすめです。

誰にオススメか?

  • 金銭面に少しだけ余裕がある人。(約2万)
  • さまざまな撮影モードが欲しい人。

メリット5つ

  • さまざまな撮影モードで楽しめる。
  • 手ぶれ補正がかなり良い。
  • 大容量バッテリーで連続120分間の撮影可能。
  • 40mの防水性能。
  • 専用アプリが使いやすい。

デメリット3つ

  • 価格は少しお高め。
  • 撮影モードによっては手ぶれ補正モードがつかない。
  • 対応アクセサリーは少ない。

YI Technology YI 4Kを購入する(楽天サイトへ)


YI Technology YI 4K アクションカメラ 40m防水ケースセット 160° 超広角レンズ タッチパネル搭載

まとめ

以上5つのおすすめアクションカメラを紹介しました。

今は、アクションカメラさえあれば、旅先でさえ、気軽に自由に綺麗な撮影ができるようになりました。

私的には、 まず自分が使う用途を考えてから選ぶのが良いと思います。

その上でおすすめなのがなるべく良い手ぶれ補正機能の付いたアクションカメラです。アクションカメラは、ほとんどの場面で動きながら撮影するので、手ぶれ補正機能がもっとも注目すべき機能と言えるでしょう。

【2018年】360度カメラレンタルサービスおすすめ4社比較|料金やサービス質から最近話題の360度カメラには、興味があるし、買ってみたい。 いざ購入しようとしても値段が高すぎて、手が出せない。 ...
ABOUT ME
seiya
大学2回生のブロガーのseiyaです。2018/4/1にブログ開設! 📑海外旅行・ガジェット分野が好きです。 📑皆さんに僕が知っている情報を分かりやすくお伝えできるようがんばります。