カメラ

Gopro HERO7の3モデル性能比較と新機能を紹介!

ブロさん
ブロさん
Goproのある生活の皆さんこんにちは

ついに2018年9月20日に最新版「Gopro HERO7」が3モデル登場しました。HERO6から1年近く経ち、予想されていたマイナーチェンジとは違い、新機能豊富なアプデとなりました。

そして今回のアプデでラインナップが3つに増えて登場し、価格は以下になります。

  • Gopro HERO7 Black (税込53,460円)
  • Gopro HERO7 Silver (税込41,580円)
  • Gopro HERO7 White (税込31,860円)

今までのGopro HEROシリーズにはBlackとSliverは存在しましたが、今回のアプデでWhiteが新しく追加されました。

3モデル全て2018年9月27日に発売開始です。

この記事では以下のことを中心に徹底解説しています。

この記事の要点まとめ
  • Gopro HERO7の新機能について
  • Gopro HERO7の価格
  • 3つのモデルGopro HERO7のスペック・機能の違い
  • それぞれのモデルの性能解説
  • Gopro HERO7は買う価値があるのかどうか

Gopro HERO7の新機能まとめ

新発売となるGopro HERO7で追加された新しい機能&性能をお伝えしていきます。

驚異的な手ぶれ補正「HyperSmooth機能」

今回のアプデで最も注目されている機能「HyperSmooth」。

この機能は、手ぶれ補正機能を大幅強化に役立っており、HERO6との動画を比べると段違いでブレがありません。


手ぶれ補正の強化は、動画で見れば一目瞭然ですね。

ブロさん
ブロさん
最上位モデルBlackでは外付けジンバルが要らないとまで言われているよ

HERO6までは、手ぶれ補正を抑えるために外付けジンバルを必要としてきましたが、Gopro HERO7 Blackでは外付けジンバルなしでも、飛んでいるような撮影が出来るようになりました。

さらに美しい写真を撮れる「スーパーフォト機能」

スーパーフォト
通常の写真

簡単に綺麗な写真を撮れる「スーパーフォト機能」。

HERO7から「HDR」「ローカル トーン マッピング」「ノイズ低減」3つの機能を自動で駆使して、どんな明るさでも綺麗な写真を撮れるようになりました。

ブロさん
ブロさん
上に画像を見ても、明らかに違いが分かるくらい進化したってことだね。

自分の動きに合わせた「Timewarp機能」

Timewarp機能」ではハイパーラプス撮影を素人でも簡単に出来るようになります。

ハイパーラプスとは?

  • 移動しながら撮影するタイムラプスのこと。

この機能により、今後さらにオシャレな撮影した動画が出てくる予感がしますね。新たな撮影手法になりそうです。

「ライブ ストリーミング機能」

新たにライブストリーミングも720pで可能になりました。現在ホームページで確認できるのはFacebook Liveのみですが、ホームページ下部にはRTMPを利用してその他サービスでも配信ができると説明されています。

その場合、YouTubeTwitchVimeoなどで配信が出来るようになるとのことです。

やっと来た「写真タイマー機能」

スマホにも数年前から搭載されている「セルフタイマー機能」ですが、Gopro HEROシリーズにはセルフタイマー機能が搭載されておらず、カメラを置いて何秒後にシャッターを切るという事が困難でした。

そんな機能がやっとGopro HERO7から新搭載となりました。

特に、グループ写真などでは強い味方になったりと、活用範囲が広がったと感じますね。

3モデルのGopor HERO7の新機能&性能比較


3つのラインナップ「White」「Sliver」「Black」の新機能と性能をそれぞれ比較したものを下の表にまとめてあります。

HERO7 White HERO7 Sliver HERO7 Black
価格(税込) 31,860円 41,580円 53,460円
写真 10MP 10MP
(HDR)
12MP
(SuperPhoto)
ビデオ フルHD60p 4K30p 4K60p
バッテリー 内蔵 内蔵 取り出し可能
防水性能(10m)
タッチズーム機能
手ぶれ補正機能
(Hyper Smooth)
音声認識
タイムラプス機能
スローモーション 2倍 2倍 8倍
ライブ ストリーミング
スーパーフォト
TimeWarp機能
GP1チップ
GPS機能
Proture機能

「HyperSmooth」や「スーパーフォト機能」などの主な新機能はHERO7 Blackのみ搭載されていることが分かります。

そしてここからは3つのモデル別に性能を紹介していきます。

最上位モデル「Gopro HERO7 Black」

Gopro HERO7 Black(国内正規販売価格:税込53,460円)

旧モデルのHERO6 Blackから大幅に性能が向上していて、最上位モデルともあり新機能も豊富です。

新機能の中でも「HyperSmooth」と「スーパーフォト機能」と「TimeWarp」はHERO7にしか搭載されていません。

メインチップ(GP1)やバッテリー容量1220mAhは、HERO6 Blackと変わっていません。バッテリーに関しては互換性があるかと思われます。

  • 新機能がたくさんある。
  • 大幅向上した手ぶれ補正は、かなり魅力的で良い。
  • ハイパーラプス撮影ができる。
  • スーパーフォト撮影ができる。
  • ライブストリーミングができる。
  • 他はHERO6と同じである。

コスパモデル「Gopro HERO7 Silver」

Gopro HERO7 Silver(国内正規販売価格 税込41,580円)

HERO7 Sliverは、HERO7 Blackから新機能や性能を削られています。しかし性能を抑えながら価格も抑えたモデルとなっています。

それでいて「ビデオ撮影4K30fps」や「そこそこの手ぶれ補正」を備えておりコスパの良いモデルと見なせます。

写真面では、新機能のスーパーフォトやRAW形式で画像保存、長時間露光撮影などができないようです。

  • 丁度よく性能を削っており、コスパ重視のモデル。
  • HERO7 Blackの新機能は使えない。
  • ビデオ撮影は4K30pに対応している。
  • バッテリー交換ができない。

シンプルモデル「Gopro HERO7 White」

Gopro HERO7 White(国内正規販売価格 税込31,860円)

HERO7 WhiteはSliverとほとんど性能面に変化はありませんが、ビデオ撮影の性能がフルHD60pとかなり削られています。(画角はワイド固定)

おそらく中華アクションカメラを意識してのモデルと思いますが、あまりにもビデオ撮影性能を低く設定しすぎている感も見受けられます。

  •  劣化版モデルでビデオ撮影性能が、残念な感じ。
  • GPSがなく、バッテリー交換もできない。
  • 26,000円で購入できる「Gopro NEW HERO」でいい気がする

Gopro HERO7 Blackは買う価値があるか?

ブロさん
ブロさん
悩んでいるあなたに!

結論から言うと、

  • 現在、HERO6 Blackをお持ちの方は買う必要なし
  • 現在、HERO6 Black以外をお持ちの方は買う価値あり
  • 現在、Goproをお持ちでない方は買う価値あり

ここからはあくまで個人的な意見です。

現在、HERO6をお持ちの方

HERO7で多くの新機能が出てきました。手ぶれ補正の強化、ハイパーラプス、TimeWarpなどがあります。

しかし、HERO6 Blackもシンバルは必要ですが、それだけでHERO7 Blackと同等の手ぶれ補正があります。

チップやバッテリー性能などは全て進化していないですし、なら他の新機能のためだけに5万円近く出して買い換える必要があるかと言ったら、必要ないと思います。

現在、HERO6 Black以外をお持ちの方

HERO6 Black以外からの買い換えは、確実に満足するモデルでしょう。おそらく、HERO7 Blackにするとあまりにも違いすぎて驚くかもしれません。

しかし、注意点なのはHERO5 Blackをお持ちの方は、今回のSliver,Whiteモデルに買い換えてしまうと、逆に性能ダウンしてしまう部分もあるので気をつけてください。

Goproをお持ちでない方

お持ちでない方は、もちろん購入する価値はあります。ぜひ、アクションカメラの世界に来てほしいくらいです笑

しかし、初めてのアクションカメラにしてはHERO7 Blackモデルは少しハイスペック過ぎるかもしれません。

ブロさん
ブロさん
もしも、不安な方はGopro HERO7 SilverかWhiteもしくはHERO5 Blackをおすすめ!

私的には、HERO7 Sliverを推奨します。もしも、使いこなせるか不安であったり、金銭面で迷っているのであれば、HERO5 BlackかHERO7 Whiteがいいでしょう。

カメラレンタル会社「Rentio」ではレンタルを開始予定



試しにGoproをレンタルするのも一つの手である。

たった年1回の旅行や、少し使いたいだけなのに本体を購入してしまうのは勿体無い話です。

ブロさん
ブロさん
そのな時に一番良いレンタル会社を紹介しよう。

それはカメラ専門レンタル会社「Rentio」です。

Rentioではさまざまなカメラを取り扱っており、もちろんGoproのほとんどのモデルをレンタルすることができます。

そして今回紹介したGopro HERO7の3モデルも近々、レンタル商品として取り扱いを開始する予定です。

RentioでGoproをレンタルする

レンタルの流れはかなり簡単にでき、レンタル価格も例えば、Gopro HERO5 Blackを3泊4日で5,000円くらいと安めの設定となっています。

ぜひ、試しにレンタルをしてみて自分で使ってみてから購入するのもありだと思います。

Rentio公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでくださった方なら、何となく買いたい候補が分かってきた人もいると思います。もしも、まだ決まってない!って方は、レンタルするのが一番早い解決方法だと思うので、試してみてください。

ちなみに、私はGopro HERO7 Blackを購入検討しています。また、実機の方のレビューもしていきたいなと思います。

【360度カメラ】スキー・スノボの動画撮影におすすめ4選近頃、InstagramやTwitterで見かけるようになった話題の「360度カメラ」で撮影した360度の雪山の絶景を撮っているかっこい...
【2018年】360度カメラレンタルサービスおすすめ4社比較|料金やサービス質から最近話題の360度カメラには、興味があるし、買ってみたい。 いざ購入しようとしても値段が高すぎて、手が出せない。 ...
ABOUT ME
seiya
大学2回生のブロガーのseiyaです。2018/4/1にブログ開設! 📑海外旅行・ガジェット分野が好きです。 📑皆さんに僕が知っている情報を分かりやすくお伝えできるようがんばります。