Apple製品

噂の2019新型iPhoneのトリプルカメラ搭載で異次元のレベル?!

はい皆さんこんにちは~~^^

つい最近のニュースでHuaweiの新モデル「P20 Pro」が発表されたことも新しい記憶ですが、すでに次の話題は2019年新型iPhoneです。

 

今回流れたサプライチェーンからの情報によると、2019年に発売されるiPhoneのうち、少なくとも1つ以上はトリプルカメラ搭載になると予想です。

 

 

[box class=”yellow_box” title=”あわせて読みたい”]

[/box]

 

 

トリプルカメラ搭載のメリット

 

トリプルカメラで写真の質が向上し、光学ズームの倍率も増える可能性があると言われています。また、アップルは新型iPhoneに5倍の光学ズーム機能を持つカメラを背面に搭載しようとしていることを伝えた。

 

新たな3つ目のカメラとしてモノクロカメラが採用されることによって空間認識能力が高まり、全体の高感度が向上すると言われています。

 

まとめると以下のようなメリットが考えられます。

  • 暗い場所での撮影性能の向上
  • 光学ズーム倍率の向上
  • 細部の描写性能に特化したセンサー(VR・AR)
  • 広角と3D立体認識の両立

 

2000万画素~4000万画素の時代の幕開け

 

1年前iPhoneXが初のベゼルレス化をして上部にノッチがついた斬新なデザインが話題となりました。しかし2018年に入ると、ライバル企業はみな揃って同じデザインを採用しています。

 

似たようにアップルがトリプルカメラの採用に踏み切れば他の競合ライバルもトリプルカメラの採用を考えるでしょう。

 

これからの時代は2000万画素~4000万画素を実現してくるカメラが続々と登場し、その中で欠かせないのがこのトリプルカメラです。

 

トリプルカメラのコンセプトデザイン4種

Huawei「P20」ふう

こちらは、3つめのレンズを、現行の2つのレンズの下に配置したデザインです。カメラレンズの突起部分が変わらないのが特徴です。

 

 

こちらのデザインは先駆けてトリプルカメラを採用したHuawei「P20」に似ています。

iDropnewsはアップルが他社のデザインを真似ることは考えにくいと思われるため、期待度は低いと判断しています。

 

カメラの突起を統一

現行のiPhone Xからカメラレンズ部分を拡大したこちらの画像では、LEDフラッシュを、1つと2つのカメラレンズが挟むレイアウトになっています。

 

このデザインでは突起の部分が大きくなってしまうため、iDropnewsはアップルが採用する期待度は低いと言及しています。

 

トリプルカメラとLEDフラッシュを差別化

トリプルカメラを3つ縦に並べて、その横にLEDフラッシュを配置したデザインです。

 

このデザインだと、iPhoneのトリプルカメラの突起を最小限に抑えられるだけでなく、LEDフラッシュの性能向上もできるます。

iDropnewsは、このデザインを合理的でシンプルと評価しています。

 

トリプルカメラの周囲をLEDで取り囲む

最後に挙げたのは、トリプルカメラの突起の周りにLEDフラッシュで取り囲むデザインです。

このデザインは、大手カメラメーカーの一眼カメラでも採用されており、性能面・デザイン面で最もよいパフォーマンスです。

 

iDropnewsはこのデザインを最も素晴らしいと評価しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
seiya
大学2回生のブロガーのseiyaです。2018/4/1にブログ開設! 📑海外旅行・ガジェット分野が好きです。 📑皆さんに僕が知っている情報を分かりやすくお伝えできるようがんばります。