Apple製品

【2018】どちらが買い?新型iPad Pro2世代と1世代、価格・スペック・違いを徹底比較!

SEIYA
SEIYA
10月30日のアップル発表会を楽しみにしている方こんにちは~

現行版iPad Pro(1世代)から史上最大のアップデートによって登場する新型iPad Pro 2018(2世代)この2つのiPad Proの性能・スペック・デザイン・違いを比較していきたいと思います。

既に、2つのiPad Proどちらを購入しようか新しく買い換えようか迷っている人も多いんじゃないでしょうか?

そこで、今回は、iPadを多数購入してきた私が、それぞれの特徴や違いを紹介・比較しながら、あなたに合ったiPad Proについて見ていきたいと思います。

基本的な性能の比較(新型iPad Pro・現行iPad Pro)

まずは、新型iPad Pro 2018の分かっている点から比較表を見ていきましょう!

※表に出てくる新型iPad Proのデータはあくまでリーク情報や予想情報です。

現行iPad Pro
(iPad Pro1世代)
新型iPad Pro
(iPad Pro2世代)
発売日 2016年3月 2018年秋~年末
CPU A10X
  • A11XもしくはA12X
  • 7mmプロセス
  • オクタコア
メモリ 2GB 4GB
本体サイズ(10.5㌅) 240×169.5×6.1mm 247.5 x 178.7 x 6mm
Apple Pencil 第1世代 第2世代

上の表をみて分かるように、CPUやメモリは2年前とは段違いに性能UPしていますね。

第2世代となる新型Apple Pencilは、不満の多かったiPadのLightning端子に接続して実施するペアリングをAirPodsのようにiPadに近づけるだけでペアリングを行えるように改善されるとのこと。

  • CPU・メモリの性能UP
  • Apple Pencil2世代の採用

ディスプレイの進化は革新的!

SEIYA
SEIYA
ディスプレイの解像度・形・性能は、圧倒的に違います。
現行iPad Pro
(iPad Pro1世代)
新型iPad Pro
(iPad Pro2世代)
画面サイズ 10.5インチ
12.9インチ
10.5インチ
12.9インチ
ディスプレイ Retinaディスプレイ Liquid Retina
HDディスプレイ
ベゼルレス
ノッチなし

はっきし言って今までのiPadモデルのデザイン・ディスプレイはほとんど変わってないと言っていいです。しかし、ここに来てやっと革新的に変化しました。

1世代iPad Pro
2世代新型iPad Pro
SEIYA
SEIYA
“ノッチ”なしの全画面ディスプレイによって無駄な部分がない!!

そして気になる液晶ディスプレイなのか有機ELどちらを搭載するかですが、おそらくiPhone XRでも採用された「Liquid Retina HDディスプレイ」になるでしょう。

SEIYA
SEIYA
アップルとしてはOLEDディスプレイを採用したのでしょうが、あまりにも価格高騰してしまうので辞めると予想されています。
  • Liquid Retina HDディスプレイ
  • “ノッチ”なしベゼルレス画面になる

ロック解除方法が変わる

新型iPad Pro 2018には、iPhone XS/XS Max/XRの強化された「Faca ID」が搭載される見込みです。

現行iPad Pro(1世代) “タッチID”1世代
新型iPad Pro(2世代) “Face ID”2世代

ベゼルレス化に伴い、タッチIDは無くなります。代わりに搭載される”Face ID”は不評だったiPhone Xの1世代ではなく、すばやく解除できる2世代が搭載されるでしょう。

SEIYA
SEIYA
iPhoneと違い、iPadなので横向きにもFace IDが対応するのは確実そう…

その他の機能比較

もちろん史上最大のアップデートとなるので、今まで当たり前としていた機能も変化してくるので表にしてお見せします。

現行iPad Pro
(iPad Pro1世代)
新型iPad Pro
(iPad Pro2世代)
充電端末 Lightning端子 USB-C
電源アダプタ 12W
急速充電
18W
高速充電
ストレージ 64GB
256GB
512GB
64GB
256GB
512GB
SEIYA
SEIYA
ここでの一番大きな違いは、Lightning端子の廃止ですね。

今まで当たり前だったAppleのLightning端子ですが、ついに廃止され、USB-Cが採用されることになりました。さらに、現行iPad Proに比べ、純正電源アダプタでの充電スピードが1.5倍になるでしょう。

  • Lightning端子の廃止
  • 充電スピードが1.5倍に

価格の違い

新型iPad ProのストレージはiPhone XS/XS Maxと同じく最大512GBがラインナップされ、ベースは64GBになると報じられています。

予想されている新型iPad Proと1世代iPad Proの価格を比較してみましょう。

第1世代iPad Pro
の価格
新型iPad Proの
予想価格
64GB 10.5㌅:69,800円
12.9㌅:86,800円
10.5㌅:74,800円
12.9㌅:91,800円
256GB 10.5㌅:86,800円
12.9㌅:103,800円
10.5㌅:91,800円
12.9㌅:108,800円
512GB 10.5㌅:108,800円
12.9㌅:125,800円
10.5㌅:113,800円
12.9㌅:130,800円

2016年当時は、この第1世代iPad Proの価格は当時のiPhone価格から考えるとかなり高いと言われました。その価格から予想価格では、全体的に5,000円値上がりするとされています。

SEIYA
SEIYA
とは言っても、iPhone XS/XS Maxの価格と比べたら、あまり高いと思わないかも…

そうは言っても最新機能を搭載して平均で10万円くらいあるので、安く済ませたい人は2018年3月に発売されたiPad(6世代)をおすすめします。

  • 全体的に価格が5,000円UP

【まとめ】どんな人に新型iPad Pro 2018をおすすめするか

2年の時を経て、史上最大のアップデートが来ると言われているiPad Pro。確かにスペック・ディスプレイ・最新機能など、革新的な進化を遂げようとしています。

SEIYA
SEIYA
しかし、本当にその最新機能や性能があなたに必要としているのか

私はそう皆さんに問いかけます。

おそらく、これらの革新的な機能を全て使いこなせるのは、プロの画家であったり、ビジネスでiPadを使っている人だけだと思います。では、誰におすすめするのかを下にまとめたいと思います。

おすすめする人
  • ビジネスで高性能なものが必要な人
  • 単純に革新的なiPad Proを使ってみたい人

この2パターンに限ると私は思います。別にタブレットが欲しいだけで、最新機能は求めない人には、下記のモデルをおすすめします。

低価格なiPad
  • iPad(6世代)
  • iPad mini 5(2019年春発売かも?)

この2つをおすすめします。現在、販売されているiPad(6世代)はコスパも高いですし、もちろんそれなりの性能も搭載されています。

もし、コンパクトなiPad miniが欲しい方は現行のiPad mini 4はおすすめしません。3年ぶりに登場すると噂されているiPad mini 5を待ってから購入すべきだと思います。(おそらくコスパ重視のiPad mini 5です。)

アップル「新型iPad mini 5」が3年ぶりに2019年春やってくる?!アップルが新型iPad miniの発表を行う可能性が出てきた。TF International SecuritiesのアナリストMing...

とは言っても、新型iPad Proがどのくらい進化するかはこの記事で分かっていただけたかなと思いますので、2018年10月30日のApple発表会を楽しみに待ちましょう!

ABOUT ME
seiya
大学2回生のブロガーのseiyaです。2018/4/1にブログ開設! 📑海外旅行・ガジェット分野が好きです。 📑皆さんに僕が知っている情報を分かりやすくお伝えできるようがんばります。