Apple製品

【2019年iPhone】AR機能を強化するために背面トリプルカメラ搭載か

2019年のiPhoneは3つのモデルが発売されるとお伝えしましたが、2019年iPhoneのカメラについてリーク情報があったのでお伝えしていきます。

今回のリーク情報は台湾の新聞メディア経済日報が、ドイツ証券アナリストのJialin Lu氏の調査ノートを引用する形で伝えたものです。

新たな噂によると、トリプルレンズは立体視による高度な3Dセンシングを可能とし、背面でもAR(拡張現実)を可能にするとのこと。また、3つ目のレンズはiPhoneとしては初の3倍光学ズームを実現すると述べられています。

AppleのCEOであるティム・クックが過去に幾度も「AR機能は最も重要だ」と発言していることから、AppleがAR機能に興味があるのは分かります。

そんなAR機能を強化するには3つ目のカメラが必須なのです。トリプルレンズのうち2つのセンサーが異なる角度から同一の物体の像を取得し、三角測量法によりiPhoneとオブジェクトの距離を測定して3D認識を行うとのこと。この手法は、3DカメラやAR/VR装置で広く採用されている技術です。

そしてトリプルカメラにすることで別の恩恵もあります。それは「光学ズーム機能」です。iPhone7 Plusや8 Plus、iPhone Xでは「2倍光学ズーム」が搭載されていましたが、これらはズームすると画質が低下してしまい、あまり評価が高くなかったです。

しかし、トリプルカメラを搭載することにより、画質劣化なしに光学ズームを行うことができるようになります。さらに、情報では、2019年iPhoneでは3~5倍の光学ズーム機能を搭載されるだろうと予想されています。

今月初めには台湾の台北時報も2019年にトリプルレンズiPhone登場の可能性があるとのアナリスト予測を伝えており、「3枚目の背面レンズ」はいよいよ信憑性を増してきたのかもしれません。まずは来年よりも、今年の2018年iPhoneがどうなるか、6月のWWDCに期待を膨らませたいところです。

ABOUT ME
seiya
大学2回生のブロガーのseiyaです。2018/4/1にブログ開設! 📑海外旅行・ガジェット分野が好きです。 📑皆さんに僕が知っている情報を分かりやすくお伝えできるようがんばります。