Apple製品

【全画面ディスプレイへ】2019年発売の次世代iPhoneが3モデル登場へ

そろそろ2018年モデルのiPhone Xが発表される頃ですが、世の中の注目は既に次の2019年モデルのiPhone Xに移行しています。

次から次からへと憶測が出ている中、海外の記事で2019年モデルのiPhone Xについて暴露されたので、そちらを参考にしていきたいと思います。

昨年発売された「iPhone X」の性能の良さはかなり満足されていました。それらの高性能な技術が2019年iPhoneには手の届きやすい劣化版モデルに搭載されるだろうと予想されています。

上の画像で男性が手に持っている3つのiPhone。1番左が6.5インチの大型版(Plus)、真ん中が6.1インチの低価格版、右側が現モデルiPhone Xと同じ5.8インチのレギュラー版の3つが発売されると予想しています。

ディスプレイは全画面になるかも

現モデルiPhone Xは上部にノッチがついており、多少の不評があります。Appleが全画面ディスプレイの開発をしているのは確実で、2019年モデルまでには全画面ディスプレイを搭載される可能性がかなり高いです。

既に中国のメーカーが全画面ディスプレイのスマホを発売しており、内カメラは撮影時のみ、中から出てくる仕組みになっております。中国メーカーに先手を打たれたAppleですが、どういった技術で全画面ディスプレイを実現するのか期待が膨らみます。

なお、今年発売される新型iPhoneでは2モデルに有機ELディスプレイが採用され、1モデルは液晶ディスプレイになると予測されています。一方、3D顔認証技術「Face ID」は新型iPhoneの全モデルに搭載されるはずです。こうしてみると、iPhone Xで採用された有機ELディスプレイやFace IDといった先進的なパーツや機能が、今年から来年にかけて普及価格帯モデルにも普及していくことになります。

ABOUT ME
seiya
大学2回生のブロガーのseiyaです。2018/4/1にブログ開設! 📑海外旅行・ガジェット分野が好きです。 📑皆さんに僕が知っている情報を分かりやすくお伝えできるようがんばります。